インパクトで伸び上るスイングを矯正する!

インパクトで伸び上ってしまっている人って
意外と多いですよね。



インパクトで伸び上る事で右に飛んでしまったり、
スライスしてしまったり、また、力が逃げてしまうので
飛距離が思うように出なかったりします。



また、単に伸び上るのでチョロが多くなります。



さらに伸び上って右に飛ぶ事が増えると
右に飛ばないようにと右手を無理に返すような動きをして、
反対にひどい引っ掛けがでたり左にチョロが出る場合も
あります。



このインパクトで伸び上る症状ですが、
正しく回転運動ができれば自然に矯正される場合も多いですが、
足が原因で伸び上っている場合も多いです。

強いインパクト

【強いインパクトは、右足の蹴りで!】

なんて言葉を聞いた事があるでしょうか?



強いインパクトを再現するには、
インパクトで右足の蹴りが大事で、

インパクト直前で右足のふくらはぎに力入れて
足の力でクラブを押し出そうという動きです。



確かに正しく行えれば飛距離にもつながるのですが、
大体は正しくできない場合が多く、

それが原因で、体が伸び上ってしまう事も多いのです。



もし、伸び上ってしまうスイングになっているようなら
右足で蹴る意識は捨てましょう。



あくまでも回転運動を心掛けて
スイングするようにしましょうね。



右足で蹴るより、回転運動の方がパワーがあって
飛距離に簡単につながりますからね。



もし伸び上るようになっているという
自覚がある場合は、ヒザの高さを変えないように
意識してスイングしてみましょう。



【ヒザの高さを変えないようにスイングする】

つまりは回転運動する事になるのですが、
アドレスで作ったヒザの角度をスイング中はずっと
キープする事を心掛けてスイングします。



もちろん最初は振りにくいですが、
慣れるまで続けて練習しましょう。



シンプルで楽に振り抜けるようになり、
ヘッドスピードも上がりますからね。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加