「アドレスで胸を張る」だけでは足りないポイント!

アドレスの時に胸を張るというのも

よく聞く事だと思います。

(済)アドレス





胸を張る事で軸が安定し、スイングが良くなる

という事なのですが、正解は正解です。







ただ胸だけを無理に張ってしまうと

どうもぎこちなくなってしまうものなのです。







そこで出来れば、もう2つ意識をプラスしましょう。







・背筋をピンと伸ばす事

・左右の肩甲骨を合わせるようにする事



この2点を、胸を張ると同時に意識しましょう。







要は、アドレスの時に、軽く背筋を伸ばし、

左右の肩甲骨を意識的に寄せるようにして胸を張ります。







そうすると姿勢がグッと良くなり

自然に軸のしっかり通ったアドレス、

スイングになるのです。







最初は、複数の意識を持たなければいけないので

違和感があったり思うようにできずに苦労するかも

しれませんが、続ける事で、すぐに簡単にできるように

なりますからね。







姿勢を正すというのは、

やはりスイングをする上で絶対に必要な条件で

多くの場合、背筋がきれいに伸ばせていない為に

軸が狂い、スイングの軌道が狂い、力が逃げてしまい

ショットに悪い影響が出ています。







背筋の通ったきれいな姿勢を作れるように

なりましょうね。







あまり無理にガチガチにやる必要はないですが、

軽く背筋が伸びた姿勢を作れるようになりましょう。







ちょっとした事でゴルフが大きく変わる

事も多いですからね。





背筋を伸ばすという話は、ゴルフの時だけ意識するのでは

なかなか身に付きません。





普段の生活から背筋を伸ばすように意識しましょう。





背筋を伸ばし、左右の肩甲骨を意識し、胸を張る。

簡単だけど、普段の歩く姿勢から変わるので

とてもいいですよ。





ゴルフにとってもとてもいいので、

普段の姿勢から変えてみませんか?





背筋が伸びていたら、かなりかっこよく見えます。

個人的にはものすごくオススメです。



それではがんばりましょう。

ゴルフバナー90
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加