ドライバーのコツ 一覧

スポンサーリンク
真っ直ぐ飛ばすコツ【ゴルフ初心者向け】

真っ直ぐ飛ばすコツ【ゴルフ初心者向け】

ゴルフはいろんな練習をするけど、結局詰まるところは、【真っ直ぐ飛ぶかどうか】。 そう、ボールを打って真っ直ぐ飛ばすことさえできたら良い...

記事を読む

春先の練習は、ドライバーの振り抜きをチェックしよう!

春先の練習は、ドライバーの振り抜きをチェックしよう!

春先のこの時こそドライバーを練習するのをお勧めします。 ・・・というのは、長いクラブなので一番スイングを作りやすいというのが理由です。...

記事を読む

【スイングのコツ】顔の向きを意識し安定したスイングを作ると、100が切れる!!その練習法とは?

【スイングのコツ】顔の向きを意識し安定したスイングを作ると、100が切れる!!その練習法とは?

スイング中に頭が上下動するのは良くありません。 こんなこと、ゴルフをする人ならば誰でも知っていますよね。 「トップで頭が上がらな...

記事を読む

スポンサーリンク
ドライバーが暴れる時の、対処法必殺技2選!

ドライバーが暴れる時の、対処法必殺技2選!

以前は調子のよかったドライバーショットが、 どうも最近悪くなってきたというケースがあります。 以前は気持ち良く振れて、気持ち...

記事を読む

ティーショットのときに狙いを定める、大事なポイント3つとは??

ティーショットのときに狙いを定める、大事なポイント3つとは??

ティーショットを打つ時は、どれくらい狙いを作っているでしょうか? ゴルフは狙いを決めて、そこに打つというものですが、 ティーショット...

記事を読む

頭の位置を●●●にすれば、、、ドライバーが飛ぶ理由

頭の位置を●●●にすれば、、、ドライバーが飛ぶ理由

アマチュアゴルファーにとって、 ドライバーが飛ばないという悩みがとても多いです。 クラブが長いですし、最初は短いアイアンでス...

記事を読む

ゴルフでナイスショットを打つために、たった1つの心がけるべきこと

ゴルフでナイスショットを打つために、たった1つの心がけるべきこと

あなたは、ナイスショットを放ちたいですか?? 「ナイショーッ」という掛け声を、浴びせられたいですよね?? まずナイス...

記事を読む

ドライバーを上達させる、右肩の使い方のコツ3選!!

ドライバーを上達させる、右肩の使い方のコツ3選!!

ドライバーは、一番長いクラブなので 扱いが非常に難しいものです。 まだゴルフで100を切れない、というゴルファーは 往々...

記事を読む

ドライバーの【インパクト】を修正すれば、方向性が良くなる

ドライバーの【インパクト】を修正すれば、方向性が良くなる

ドライバーが右に飛んだり、左に飛んだり、また吹け上がったりするのは、 スイング全体の問題もあるけど、 【インパクトの問題】という可能性も...

記事を読む

ドライバーの方向性をよくするポイントは、●●●●だったことが判明!!!

ドライバーの方向性をよくするポイントは、●●●●だったことが判明!!!

ドライバーは飛距離の出るクラブです。 その為、ほんの少し右を向いたり、ほんの少し左を向いたりした状態で インパクトをすると、大きく左右に...

記事を読む

ゴルフですぐに飛距離を伸ばすポイントは、●●●に注意すべし!!

ゴルフですぐに飛距離を伸ばすポイントは、●●●に注意すべし!!

飛距離が出ないと悩む人は多いです。 飛距離が出るように練習をがんばっている人も ものすごく多いです。 飛距離が出ない原因は...

記事を読む

ゴルフスイングは、しっかり振りきる事が大事!

ゴルフスイングは、しっかり振りきる事が大事!

コンパクトにスイングする事は、確かに大事なことです。 しかし、インパクトからフォローにかけて あまりコンパクトを意識してしま...

記事を読む

飛距離アップに欠かせないコツ!

飛距離アップに欠かせないコツ!

最近いただくメールで多いのが、飛距離についてです。 「飛ばないです」という内容がかなり多い。 そして、そ...

記事を読む

ドライバーで簡単に高い球を打つ方法

ドライバーで簡単に高い球を打つ方法

ドライバーショットでは、ある程度高い球を打てないと 飛距離がでません。 ライナー性の当たりでもいいのです...

記事を読む

長いクラブでも安定して打つ方法

長いクラブでも安定して打つ方法

長いクラブが打てますか? 以前はロングアイアンで難しかったですが、 今はユーティリティークラブがあったり フェアウ...

記事を読む

飛距離を出すために~ 突っ込みグセをどう捉えるか ~

飛距離を出すために~ 突っ込みグセをどう捉えるか ~

飛距離が出ない人にはいくつかのタイプがあるのですが、 かなり練習している人ほど陥りやすい傾向があります。 それが【突っ込んで...

記事を読む